有限会社E-プラス
9:00~18:00
水曜日と第三・四火曜日
2018年03月22日
ブログ

賞状 三枚


知人の不動産会社の事務所を訪問しました。

こじんまりとまとまった良い事務所でした。

そこで目に留まったのが賞状で、資格の免許、感謝状でした。

その中に見覚えのある「桜の代紋」警察の紋章のついたものでした。

話を伺うと「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第14条第2項に

規定する講習」の受講修了書でした。

以前事務所に暴力団員みたいな方が、お見えになったそうです。話をしているうちにこの講習修了書を見られ、話の途中でお帰りになられたそうです。

せっかく頂いたものは、掲示しなくては意味が無いと気づきました。

 

そういえば・・・


私も賞状持っていました。

写真の三枚です。

左から「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第14条第2項に

規定する講習」の受講修了書

真ん中 相続知識検定マスター

右 不動産知識の「不動産キャリアパーソン」

です。

さっそく掲示しました。

そのほかに免許証といえば、今は無い資格で、「有線テレビ技術者」がありました。20代で取得のため免許証の写真が白黒です。

テレビ電波受信の事なら昔取った杵柄で少しは分かります。

 不動産業に携わって、少し生かされています。

 

不動産業者が掲示しなければならないもの


不動産業者が必ず事務所に掲示しなくてはいけないものがあります。

それは、上の写真の右上の「報酬額表」で不動産取引での報酬額が法律で定められています。

もう一つは、「宅地建物取引業者票」です。宅地建物取引業の免許番号および免許期間、商号、代表者氏名などが記載されています。

この二つが無いと法律違反になります。

その他は、「宅地建物取引業者免許証」 各協会の会員証 事務所の専任宅地建物取引士の証です。

 

arrow_upward