有限会社E-プラス
9:00~18:00
水曜日と第三・四火曜日
2018年05月11日
ブログ

ミズ/こんなときどうする??? お役立ちメモ ~水のトラブル編~


生活には欠かせないライフライン。

今回は、水のトラブル「こんなときどうする???」をお知らせします。

 

排水の流れがよくないとき

排水管がつまっていると考えられます。

なぜ排水管がつまるのか?

それは、汚れが排水管の内側にこびりつくからです。

私たちも血管の内壁にコレステロールが付着して、狭くなるといいますよね。

それと同じです。

狭くなると当然流れは悪くなります。

 洗面所や浴室の排水管は髪の毛や石ケンかす がつまりますし、

台所は、いろいろなものを流します。どうしても汚れが付きやすいです。

特に油。使い終わった天ぷら油などは、絶対にそのまま流さないでください。

油は、温度が高いときは液体ですが、冷えると固体になります。

だから排水管の内側にへばりつくのです。

 

つまり予防の方法は…といえば、「できるだけ汚れもの流さないことです。」

汚れは紙などで拭き取ってから洗うと良いですね。

あえて言うなら最後に熱湯を流して油汚れを一掃することです。

ただ、これは管が劣化して水漏れを誘発するという危険あります。痛し痒しですね。

 

ちなみに市販のパイプ洗剤は、つまり予防のためです。つまる前に、定期的に

継続して使うことで予防になります。(パイプ洗剤も使い方によっては、つまりの原因になります。)

 

 

 

臭いがするとき


排水つまりに次いで嫌なものは、排水口からの臭いです。

洗濯機周辺から臭いがあがってくることがあります。

そんなときは、一度試してみてください。

排水管にはトラップという水をためる場所があります。そこに水が張ってあれば、

 水が臭いを閉じこめてくれます。

洗濯パンにある排水口を覗いてみて、そこの水がなければ、500mlペットボトル1本分くらいの水を

 注いでください。水で「ふた」をするイメージです。

良くならない場合は、他に原因があります。管理会社や水道工事会社にご連絡ください。

 

 

お部屋探しなら 不動産・管理 ㈲E-プラス

arrow_upward